外張断熱 - 冬あたたかく、夏すずしい、快適な住まい。

外張断熱とは?

住まいを柱の外側からすっぽりと全体を包んで断熱するのが外張り断熱工法です。断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。
橋本工務店では断熱材にネオマフォームを採用。高性能な断熱を実現しています。

ネオマフォーム

マメ知識その1 ネオマフォーム

旭化成が提供する高性能断熱材。
世界最高レベルの断熱性能で、薄くて高いレベルの断熱性を
発揮する断熱材です。

冬あたたかく、夏すずしい

外張り断熱では柱の外側で断熱するので、夏・冬を通して壁内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。そのため、壁内の結露の可能性も少なくなり、冬でも夏でも快適に過ごせます。

また壁外で断熱することで壁内のスペースを多く確保できるため、デザイン性のある吹き抜けや勾配天井が可能です。また小屋裏を部屋にしたり、収納スペースを多く取ることができたりと、住み心地にプラスしてデザイン性や使い勝手も高い家づくりができます。