長期優良住宅 - 長期優良住宅でずっと長持ちする橋本工務店の家。

長期優良住宅とは?

「長期優良住宅」をご存知ですか?「長期優良住宅」は、「いい家をつくってきちんと手入れをして長く大切に住まう」をコンセプトに普及促進している長持ちする住宅のことです。
「長期優良住宅」には様々なメリットや特徴があります。それらを理解し、新しい住宅を考える際には、「長期優良住宅」を検討してみてはいかがでしょうか。

長期優良住宅ってどんな住宅?

耐震性
地震に強く、倒壊しにくい安心の家
耐久性能(劣化対策)
構造や骨組みのしっかりした長く住める家
維持管理 更新の容易性
メンテナンスの容易な家
住戸面積
必要な広さが確保された、暮らしやすい家
省エネルギー性
地球にやさしく、家計にもやさしい家
居住環境
地域のまちなみと調和した家
維持保全
「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家

長期優良住宅のメリット

税金が軽減されます。

住宅借入金等特別控除

住宅ローンを利用して、住宅を新築又は購入した場合、「住宅借入金等特別控除」の適用を受けることができます。「長期優良住宅」を新築又は購入した場合は、一般の住宅と比較して所得税の控除額が大きくなります(下表参照)。

入居年度
控除対象借入限度額
控除期間
控除期率
最大控除期額
平成22年度 5,000万円(5,000万円) 10年間 1.2%(1.0%) 600万円(500万円)
平成23年度 5,000万円(4,000万円) 600万円(400万円)
平成24年度 4,000万円(3,000万円) 1.0% 400万円(300万円)
平成25年度 3,000万円(2,000万円) 300万円(200万円)

()は一般住宅の場合

住宅借入金等特別控除を受けない場合

適用を受けない場合は、一般の住宅を「長期優良住宅」とするために増加した建設費の10%相当額を、100万円を上限として所得税額から控除することができます。

登録免許税、不動産取得税、固定資産税が軽減

登録免許税
税率を一般の住宅より引下げ
1 所有権保存登記 1.0/1,000(1.5/1,000)
2 所有権移転登記 1.0/1,000(3.0/1,000)
不動産取得税
課税標準からの控除額を一般の住宅より増額
1,300万円控除(1,200万円控除)
固定資産税
新築住宅に係る軽減措置の適用期間を一般の住宅より延長
戸建て 1〜5年目(1〜3年目) 1/2軽減

地域型住宅ブランド化事業

地域型住宅ブランド化事業で長期優良住宅を適用することで100万円の補助金が適用されます。
地域型住宅ブランド化事業は、地域材等資材供給から設計・施工に至るまでの関連事業者が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び街並みの整備、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的としています。

橋本工務店では長期優良住宅のご相談も承っております。まずはご相談ください。

TEL 053-436-4983 8:00~18:00(日曜定休) メールでのお問い合わせ